印刷専用ページへ

診療科・部門

外来診療のご案内へ

肝胆膵外科

診療体制

写真
大塚 将之 科長(教授)

高度な専門的知識と手技を基盤とした積極的な治療を行っています

肝胆膵外科領域の数多くの手術を行うと同時に、臨床および基礎研究にも力を入れており、先端分野の情報を世界にむけて発信し続けています。

肝胆膵領域の悪性疾患では外科的切除が治療の主体です。皆様に安全で有効な医療を提供をするために消化器内科と協力して早期診断と正確な進展度診断に努め、化学療法などを含めた集学的治療に取り組んでいます。末期肝不全に対してはドナーの安全性に十分配慮して生体部分肝移植を施行し、生活の質(QOL)の向上を目指しています。我々は先進・高度医療の提供を責務と考えますが、それには高度な専門的知識と手技が必要であるため、常に向上心を持って取り組むとともに、QOLにも配慮して積極的な治療を行っています。

主な対象疾患と診療内容

診療内容

肝細胞がん、肝内胆管がん、転移性肝がん、胆管がん、胆嚢がん、十二指腸乳頭部がん、膵がん、十二指腸がんなどの悪性腫瘍、胆嚢ポリープ、膵管内乳頭粘液性腫瘍、膵粘液性嚢胞腫瘍などの良性腫瘍、外科的治療を要する肝内結石や胆石、肝移植を要する胆汁うっ滞性疾患、肝硬変、急性肝不全など、肝胆膵領域の多岐にわたる疾患に対して診療を行っております。CT、MRI、PET検査などによる正確な進行度診断をもとにした積極的な外科的切除を中心に、化学療法などを含めた集学的治療に取り組んでいます。

主な対象疾患 診療内容
肝臓がん 肝細胞がんに対しては手術療法の他、肝動脈塞栓療法、肝動脈内抗がん剤投与、ラジオ波凝固療法などの集学的な治療を行っており、高度進行症例においても抗がん剤療法を組み合わせることで積極的に外科的切除を行っています。転移性肝がんにおいては大腸がんの肝転移のみならず、胃がんの肝転移に対しても積極的な切除を行っています。また、肝切除においても症例により腹腔鏡手術を施行しています。
胆道(胆管、胆嚢) 胆道悪性腫瘍は診断技術の発達した今日においても進行した状態で診断されることが多く、外科的切除不能例は少なくありません。当診療科では高度進行症例においては術前門脈塞栓術を行い、術後の致死的な合併症である肝不全を防ぎつつ、手術適応の拡大、治癒切除率の向上をはかっています。さらに、胆道がん術後補助化学療法や術前科学療法について多施設共同研究を行い、予後向上に取り組んでいます。また、胆石症に対しては腹腔鏡下手術を行い患者さんのQOLの向上を図っています。
膵臓 膵管内乳頭状粘液性腫瘍(IPMN)などの良性腫瘍に対しては、術後のQOLの向上を目指した臓器機能温存手術を行っています。一方膵臓がんは依然として高度に進行した例が多いのですが、積極的に拡大手術や血管合併手術を行うことに取り組んでいます。また術後の補助化学療法や、術前化学療法の効果について多施設共同研究を行うなど、膵臓がんの予後向上に積極的に取り組んでいます。
肝移植 原発性硬化性胆管炎などの進行性肝内胆汁うっ滞症や非代償期の肝硬変、劇症肝炎などに対して、生体肝移植を施行しています。また、肝硬変に肝臓がんを合併している場合でも、症例により生体肝移植が可能です。

診療・研究内容

分野 内容
肝臓がん 肝細胞がんに対しては手術療法の他、肝動脈化学塞栓療法、ラジオ波凝固療法など、肝内胆管がん・転移性肝がんに対しては積極的外科切除と化学療法など集学的な治療を行うとともに、多施設共同研究も行っています。
胆道がん 高度進行例でも術前門脈塞栓術により術後の致命的合併症である肝不全を防ぎつつ、手術適応の拡大、治癒切除率の向上をはかるとともに化学療法と組み合わせることによりさらなる予後向上を目指しています。また、補助化学療法を中心とした多施設共同研究も積極的に行っています。
膵臓がん 高度進行例が多く、血管合併切除を含めた積極的な外科切除を行い、術後の補助化学療法を付加することによって予後の改善に寄与しています。術後補助化学療法のプロトコールは多施設共同研究によってエビデンスを発信しております。
肝移植 原発性硬化性胆管炎、原発性胆汁性肝硬変、ウイルス性肝硬変、肝細胞がん、急性肝不全などに対して生体部分肝移植を施行しております。また、2014年6月には県内初の脳死肝移植も行いました。
その他 胆石症、良性膵疾患などに対し、QOLの向上を図った腹腔鏡を用いた外科治療を行っています。一部、臨床試験として、ロボット支援手術も導入しています。また、十二指腸がんなどの十二指腸疾患に対しても積極的な外科治療を行っています。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 臓器制御外科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)

外来診療のご案内

  • 再来にあたっては、午前・午後の診療時間の指定がありますのでご注意ください。
  • 初めて診療を受ける方は、午前10時30分までに事務受付を済ませてください。但し、診療科受付で了解を受けた場合はそれ以降でも受付いたします。
  • 外来駐車場が大変混雑いたしますので、車での来院はご遠慮ください。
お問い合わせ
  • 電話番号:043-222-7171(総合案内)、6733、6734(内線)

生体肝移植コンサルティング外来

  • 生体肝移植の適応やその流れを含め、わかりやすい情報提供の場として生体肝移植コンサルティング外来を開設しております。電話にて予約の上、受診してください。
  • 緊急の場合は随時受け付けますので、ご連絡ください。
  • First consultation:大塚将之(月曜日)午後1時~午後4時、久保木知(金曜日)午後1時~午後4時
お問い合わせ
  • 電話番号:043-222-7171(総合案内)、6733、6734(内線)
    緊急時:大塚 6161、5284(内線)、久保木 6161、5281(内線)

フロア案内(外来診療棟2階)

フロア図

外来診療担当医一覧

新患・再来共通

診察室 時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
12番 午前 古川 勝規
(一般)
  大塚 将之
(一般)
  吉富 秀幸
(一般)
  午後          
13番 午前 大塚 将之
(一般)
  吉富 秀幸
(一般)
  大塚 将之
(一般)
  午後          
14番 午前 吉富 秀幸
(一般)
  高屋敷 吏
(一般)
  古川 勝規
(一般)
  午後          
15番 午前 高屋敷 吏
(一般)
  高野 重紹
(一般)
  久保木 知
(一般)
  午後          
16番 午前 久保木 知
(一般)
  鈴木 大亮
(一般)
  鈴木 大亮
(一般)
  午後          
17番 午前 高野 重紹
(一般)
       
  午後          
24番 午前     野島 広之
(一般)
  酒井 望
(一般)
  午後          
25番 午前     賀川 真吾
(一般)
  賀川 真吾
(一般)
  午後          
26番 午前         野島 広之
(一般)
  午後          

スタッフ一覧

医師名 役職・職位 専門分野 認定医・専門医等
写真
大塚 将之
科長、教授 肝臓・胆道・膵臓外科、肝移植 日本外科学会認定登録医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
写真
吉富 秀幸
准教授 肝臓・胆道・膵臓外科、腹腔鏡手術 日本外科学会認定登録医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
写真
古川 勝規
講師 肝臓・胆道・膵臓外科、外科栄養管理 日本外科学会認定登録医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
写真
高屋敷 吏
講師 肝臓・胆道・膵臓外科、腹腔鏡手術 日本外科学会認定登録医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
写真
久保木 知
講師 肝臓・胆道・膵臓外科 日本外科学会認定登録医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
写真
高野 重紹
助教 肝臓・胆道・膵臓外科 日本外科学会認定登録医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
写真
鈴木 大亮
助教 肝臓・胆道・膵臓外科、外科栄養管理 日本外科学会認定登録医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
写真
酒井  望
助教 肝臓・胆道・膵臓外科 日本外科学会認定登録医・外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
写真
賀川 真吾
助教 肝臓・胆道・膵臓外科 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
写真
野島 広之
助教 肝臓・胆道・膵臓外科 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
写真
三島  敬
助教 肝臓・胆道・膵臓外科 日本外科学会外科専門医
中台 英里
助教 肝臓・胆道・膵臓外科 日本外科学会外科専門医

ページの先頭へ

ページトップへ