印刷専用ページへ

病院長のごあいさつ

病院長 写真

私たちの使命は、患者さんに
よりよい医療を提供することです。

現在、国の地域医療構想により、病院の機能分化が進められています。当院には「大学病院でなければ治療できない」と言われるような高度医療の提供が期待されており、しっかりと研鑽を積んで、地域の中で役割を果たしていきたいと考えています。

2018年4月、その“エンジン”部分にあたる中央診療棟の建設が2020年の完成を目指して始まりました。手術室が増設され、集中治療室も拡充し、3次救急を超える高度救命救急センターとして全県対応します。カテーテル検査室の機能も併設したハイブリッド手術室が2部屋増設されることにより、ハイリスクの患者さんにも負担の少ない手術が可能となります。

一方で、がん治療については、日帰り手術を増やし、「午前中に治療を受けて、午後は仕事へ」など日常の生活を続けながら治療したいというニーズに応えてまいります。

国の臨床研究中核病院として、新しい治療法の開発などにも積極的に取り組むとともに、これからも医療安全の意識を徹底し、皆様に安心して医療を受けていただく病院づくりに努めてまいります。

千葉大学医学部附属病院長 山本 修一

執行部のご紹介

執行部 写真
(写真左から)
井上貴裕副病院長、石井伊都子副病院長、松原久裕評議員・副病院長、相馬孝博副病院長、生坂政臣副病院長、山本修一病院長、吉野一郎副病院長、横手幸太郎副病院長、小林欣夫副病院長、吉川淳子副病院長、市川智彦副病院長、永田昭浩副病院長

ページトップへ